アラフォーメイクの裏ワザ教えます♪ ベースメイク編 3(隠すコンシーラ~クマの隠し方~) | 新・おとな女子スタイルカフェ
2015.1.17
IMG_6516.JPG

アラフォーメイクの裏ワザ教えます♪ ベースメイク編 3(隠すコンシーラ~クマの隠し方~)

「大人の女性とはこうあるべき」という今までの常識にとらわれず、 「自由で自然体な生き方を楽しみたい!」
「いつまでも自分らしいキレイを輝かせたい!」 新・おとな女子を応援する『新♡おとな女子スタイルカフェ』

なりたい自分になるための「魅力プロデュース」の方法、メイク、ファッションの基本~プロ技・裏ワザをご紹介します!
・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆  

夢を叶えるメイクアップアーティストの星(ほし やすえ)です。

 

 

現在発売中の雑誌、美STに 2月号に、
私、星 泰衣の日常のメイク法が掲載されています♪

よろしければ書店でお手に取ってみてくださいね。

 

 

IMG_6516.JPG

 

 

美STによると、
アラフォーと一言で言っても、

40歳の坂、45歳の壁、49歳の崖と
3つの分岐点があるそうです。

私は、華麗に乗り越えている45歳として紹介してくだったのです。

 

 

45歳・・・たしかに大きな壁を感じる、今日このごろ(笑)

 

 

だけど、
「美しくいたい!」

「いつまでも若くいたい!」

「自分らしくありたい!」

 

という気持ちは年々増してきました。

 

 

2000人以上の40代を中心とした女性に、
メイクを教えてきたプロだから言える根拠のある裏ワザをシリーズでご紹介しています。

 

 

30代の方も、今後の参考に、
50代の方にもきっと役立つ情報だと思います♪

 

 

さて、第一弾は、
「ベースメイク編 1」(スキンケア~ファンデーション)でした。

 

 

コチラ↓

http://www.otona-joshi.com/?p=947

 

 

第二弾は、

「ベースメイク編 2」(コンシーラの種類&ハイライトのコンシーラ)でした。

こちら↓

http://www.otona-joshi.com/?p=982

 

 

そして

第三弾は、

「ベースメイク編 3」(隠すコンシーラ~クマの隠し方~)です!

 

 

隠したいところ・・・、
アラフォー世代はいろいろありますね。

 

 

目のまわりのクマ、

しみ、そばかす、肝斑などの肌の色ムラなど・・・。

 

 

まずは、

目の周りのクマの隠し方

をご紹介します。

 

 

隠すコンシーラの中でも一番重要なクマの隠し方。

 

 

クマがあると、、、

 

 

・疲れてみられる

・アイメイクが上手くのらない

・いつも写真うつりがイマイチ

 

 

など悪い印象を与えたり、
メイクがきまらなかったりするのです。

 

 

目の形状により、
寝不足じゃなくても、体調が悪くなくても、クマがある方もいます。

 

 
対処方法は、できるだけ血行をよくすること。
 
ホットアイマスクや目の周りのツボ押しが効果的ですが、
それでも消えなければコンシーラの登場です。

 

 
 

クマを消すために使用するコンシーラは、
 

 

色 と 固さ を選びびましょう。

 

 

1、色

 

 

日本人の一般肌・・・オレンジ

色白の方・・・ピンク

色黒の方・・・赤みのつよいオレンジ~茶褐色

 

 

 

~解説~

クマは、肌の奥で青い発色をしています。
青を消すためには、反対色(補色)の赤が必要なのです。
赤だけでは、日本人の肌には強すぎるのでオレンジやピンク、
または茶褐色など自分の肌の色や クマの色、濃さにあった色を選びましょう。

 

 

間違った色を使うと、逆にクマが目立ってしまうこともあります。
(プロは、コンシーラを何色か混ぜてぴったりの色を作るんですよ~)

 

 

 

2、固さ

 

 

柔らかい質感のコンシーラを使いましょう。
(油分が多めで伸びやすいタイプ)

 

 

~解説~

 

 
目の周りは、目を開けたり閉じたりさせるために
たくさんのひだがあります。
それが年齢とともにだんだん深くなり、小じわになっていくのですが・・・(>_<)
 
固いコンシーラを使うと、しわが目立ちやすくなります。
くまは消えても、しわっぽいと老けて見える原因に!!

 

 

3、のせ方

 

 

IMG_6589.JPG

こんな感じ↑
(私は一般肌色なので、オレンジを使用)

 

 

写真で見てお分かりなように、
クマといっても目の下だけではなく、上まぶたにもオレンジをのせています。

 

 

若い頃は必要なかった、上まぶたのコンシーラ。
アラフォーメイクでは必須です!!!!

 

 

上まぶたのお肉が薄くなって、
どんどん肌の下のクスミが透けてくる年代です。

 

 

若い頃は、まぶたが腫れぼったかったも、だんだんとすっきりしてくるでしょ?
子どもの頃は一重や奥二重だった方も、大人になると自然と二重になったという方も多いのではないでしょうか?

 

 

手順1

目の周りのひだに沿って、
目頭から放射線状にコンシーラブラシでのせます。
(必ずコンシーラブラシを使用します)

 

 

手順2

指で優しく伸ばします。
まつ毛のきわまできっちりと伸ばすことも大切ですよ♪
(アイラインなど目の周りのアイメイクの下地になります)

 

 

IMG_7021.JPG

 

 

IMG_7025.JPG

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

クマをしっかりと隠すと、、、
 

 

・健康そう
 

・明るい表情
 

・目がはっきりとする

 

 

という効果の他に、

 

顔が引きあがって見えるアンチエイジング効果もあります♪

 

 

 

クマを上手に隠して、

ワンランク上のメイク、

そしてワンランク上の自分をお楽しみください(*^_^*)

 

 

 

シミ、そばかす、肝斑の隠し方は次回♪

 

お楽しみに~☆

 

 

人生を変えるセルフプロデュース術
メルマガでもご紹介しています☆

http://www.otona-joshi.com/?page_id=23

 

ぜひ登録してくださいね♪お楽しみに!

 

IMG_6518.JPG

 

★セルフプロデュースメイクレッスン
(似合う&なりたい自分を見つけて実現するためのメイクレッスン)

★オーガニックメイクレッスン
(オーガニックコスメの真実を知り、オーガニックコスメを使ってのメイクレッスン)

★アンチエイジングメイクレッスン
(アラフォー以上のメイクメソッド、いつまでも若々しくいるためのメイクレッスン)

 

メイクレッスンについて詳しくは・・・、
SLOW BEAUTY STYLE
http://www.hoshiyasue.com

 

 

~0からはじめるメイク講師養成講座~

「似合う」×「なりたい」
を叶えるメイク術~50の技法~

「セルフプロデュース®講座講座」
(一般社団法人 日本セルフプロデュースメイク協会 認定資格取得講座)
http://jspma.jp/