「昭和メイクvs今どきメイク」 ・・・化粧品の選び方編 | 新・おとな女子スタイルカフェ
2014.9.18
IMG_4580.JPG

「昭和メイクvs今どきメイク」 ・・・化粧品の選び方編

「大人の女性とはこうあるべき」という今までの常識にとらわれず、 「自由で自然体な生き方を楽しみたい!」
「いつまでも自分らしいキレイを輝かせたい!」 新♡おとな女子を応援する『新♡おとな女子スタイルカフェ』

なりたい自分になるための「魅力プロデュース」の方法、メイク、ファッションの基本~プロ技・裏ワザをご紹介します!
・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆  

新・おとな女子スタイルカフェの星 泰衣(ほし やすえ)です。

 

 

アラフォーの女性たち。
バブル経験者の女性たち。
華やかな時代を知っている女性たち。

 

 

遊びもおしゃれも、
上質なものを好み“ほんもの”を知っている。

 

 

でも・・・、

過去の知識だけでは、
うまくいかないこともあるのです・・・。

 

 

それがメイク。

 

メイクは時代とともに、
変わっています。

 

 

その変化を 敏感に感じ取り、
受け入れることができるかどうかで、
まったく印象が違っていることに気づいていますか?

 

 

もしも、あなたが10年前のメイク、
いえ20年前のメイクを今もしていたら、要注意!

緊急アラームが鳴っていますよ(>_<)

 

 

ということで、
「昭和メイク」vs「今どきメイク」第2弾!

今回は「化粧品の選び方」から
違いを探ります。

 

 

前回は、

「昭和メイク」「今どきメイク」眉編

をご紹介しました。

IMG_4566.JPG IMG_4565.JPG

 

眉の描き方で、

年齢差20歳にもなりましたね。

 

 

 

実は、化粧法だけでなく、
使用していた化粧品も違ったのです。

 

 

 

「昭和メイク」に使った化粧品はこちら

IMG_4563.JPG

 

古いとはいえ、

ブランド品ばかり。

高級です!

 

 

高級なだけに、

 

捨てられない!

もったいない!

 

って気持ちになりますよね。

 

 

そして、
若い頃に、似合った・・・

 

 

ディオールの〇〇番

シャネルの〇〇番

サンローランの〇〇番

 

 

をずっと使い続けているという方も、

 

 

アウトです(笑)

 

 

化粧品は、ファッションと同じく流行の変化がとても早いのです。

たとえ、似合うからといっても、
古いファッションを着ていたら、時代遅れの人になりますよね。

メイクも同じです。

「昭和メイク」「今どきメイク」

化粧品を変えるだけでも、かなり「今どきメイク」に近づきます♪

 

 

 

IMG_4566.JPG IMG_4565.JPG

 

 

どこが違うか、よ~く見てみて下さい!

 

 

違いは、

1、眉の色

 

 

眉は、髪の色より明るく描くのがセオリーです。

髪はブラウンに染めているのに、
眉が黒(またはグレー)って方は、
眉ペンシル(パウダー)の色を変えてみて下さい。

明るめ(薄め)の色で描きましょう♪

 

 

 

 

2、アイメイクの色

 

 

アイシャドーって言葉に惑わされていませんか?

シャドー(shadow)=影

腫れぼったい目の周りに、影をいれると目がすっきり見えます。

でも、、、

目が腫れぼったかったのは、若かった頃だけではありませんか?

だんだんと、目の周りのお肉や筋肉は衰え、
目の周りは貧弱になってきています。

おまけに、目の周りの皮膚は薄く、
くすみが出やすい部分。

アラフォーのアイメイクは、

影は必要ありません!

影ではなく、明るさをたしましょう。

アイホール(目のくぼみの部分)は、出来るだけ明るく!

・明るい色

・適度なラメ(パール)感

・透明感

を選びましょう♪

 

そして、

 

締め色をグラデーションで入れること。

 

ベッタリ入れてはいけません。

繊細なグラデーションで“おとな感”を演出しましょう。

 

 

アイラインも、細く繊細にいれること。

 

マスカラもアイライン効果を狙って、根元にたっぷりとつけるとGood!!

 

アップでご覧ください♪

IMG_4733-1.JPG IMG_4734.JPG

 

 

 

3、口紅の色

 

 

IMG_4750.JPG IMG_4749.JPG

 

アイメイクをあまりしなかった昭和の頃は、
リップを派手めにしてもバランスがよかったのです。

 

ローズ系

青みがかった濃いピンク

 

が流行りましたね!

 

 

でも今は、目をはっきりと存在感を出しため、
リップは抑え目が主流です。

 

(たまに、赤リップとかも濃いめのリップも流行りますが、
その時はアイメイクとのバランスを考えましょう♪)

 

 

そして、アラフォーは唇にツヤを出すことも忘れずに!

 

ツヤだけで、5歳は若返る!

 

口紅の色は、なかなか変えられない女性が多いです。

薄い色だと顔がぼけるような気がするから。

 

でも、思いきって変える勇気を持ちましょう♪

 

 

 

今回の実験を28歳の女性にもおこなってみました!

IMG_4744.JPG IMG_4740.JPG

 

20代の女性でさえも、
昭和メイクをすると、昔の人に見えてしまいます(>_<)

 

・眉の描き方

・アイメイクの色

・口紅の色

 

注目!!

 

 

思わず、昭和っぽく前髪を上げてしまいました(笑)

 

 

 

 

まとめ

 

 

「昭和メイク」vs「今どきメイク」

 

 

「今どきメイク」にするには、

 

 

化粧法だけでなく、「化粧品の選び方」も大切です!

 

 

「化粧品の選び方」は、

 

1、色

 

2、ラメ(パール)感

 

3、透明(マット)感

 

 

が今っぽいものを選びましょう♪

 

 

 

今どきな化粧品を選ぶだけで「マイナス10歳」!

 

 

 

 

 

 

 

~プライベートメイクレッスン~

 

★セルフプロデュースメイクレッスン
★オーガニックメイクレッスン
★アンチエイジングメイクレッスン
SLOW BEAUTY STYLE
http://www.hoshiyasue.com

 

~0からはじめるメイク講師養成講座~

「似合う」×「なりたい」
を叶えるメイク術~50の技法~

「セルフプロデュース®講座講座」
(一般社団法人 日本セルフプロデュースメイク協会 認定資格取得講座)
http://jspma.jp/